「未分類」カテゴリーアーカイブ

歯の詰め物がとれたときは別の歯医者にいくときです

以前パンを食べてる時に歯の詰め物が外れたことがあります。その時はむしゃむしゃ勢いよく食べている最中だったので、はずれた詰め物を一回だけ微妙に噛んだような、噛んでいないような、という感じでした。集客コンサルティングのBTCでは、でも外れた違和感には瞬間的に気がついたので、噛むか噛まないかぐらい、歯が詰め物にあたるかあたらないかぐらいで、形自体はまったく変わっていないと思っていました。SEO対策を大阪で、なのでそのときは、歯医者さんにすぐに持って行って、そのままもとどおりの場所に詰めてもらってあっさり終了、というつもりでした。さて、実際にはずれた詰め物を歯医者さんに診てもらうと、ちょっと歯に合わせてみようとしてすぐにかじったことがわかったようです。「これ、噛んだでしょう?」結局その時は作り直しになりました。どうも定期的に詰め物というのは外れるもののような気がします。東京の予防歯科を推奨する歯医者さんによれば、自分ではきっちり磨いてるつもりでいても、プラークコントロールできる部分とできない部分があるということです。つまり、定期的に歯医者に通い自分でメンテ不可能な部分をきっちりクリーニングしてもらう必要がある、ということをいいたいらしく、そうすれば、詰め物の内側で少しずつ虫歯が進行してそのせいで詰め物と歯の形が微妙に違ってきてしまい最終的に詰め物が外れてしまうということが防げるのだ、と説明が続いたのですが、帰りになんかカモにされたような感覚になりました。ちなみにその歯医者、うでは確かだったようで、その後10年たちますがまったく問題ありません。もっと商売っ気ださなければ繁盛するだろうになぁ。